FC2ブログ

社員の異常な憂鬱

? 名も知れぬ消費者金融社員の考えること ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犯罪者の言い訳

取引先からパソコン550台詐取、○○製菓の元社員逮捕(読売新聞)
取引先からパソコン約550台(約1億5300万円相当)をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は20日、東証1部上場の「○○製菓」(東京都)の元生物産業事業本部動薬飼料部開発グループ長(課長級)、○○容疑者(47)を詐欺容疑で逮捕した。
 容疑者は、他の取引先数社からも同じ手口で数千万円分のパソコンをだまし取っており、同課は、被害総額が2億円近くに上るとみて調べている。
調べに対し、「消費者金融への返済や競馬に使った」と供述しているという。
(抜粋)

これは酷い。それにしても多少は消費者金融の返済に使ったのかもしれないが、いくらなんでも2億も返済に使うわけがない。この社員の年収がいくらだったのかは知らないが、借入総額は多く見積もっても6?700万程度(がんばって1000万?)と考えられるので、不正で得た金を返済にまわせば即完済することが出来ただろうから、大半を競馬につぎ込んでいたと思われる。出来るなら2億の使用内訳を書いてもらいたいくらいだ。

しかしこの手の犯罪もクレサラ撲滅団体の手にかかれば「借りたことを忘れるために競馬にのめり込んだ挙句、犯罪に手を染めたかわいそうな高金利の被害者。」などということになりかねないところが恐ろしい(笑)

まあ、この犯罪をどう解釈するかは、人の勝手なので何とでも解釈してもらって構わないが、今回言いたいのは、最近は必ずと言っていいほど金絡みの犯罪とセットで記事にされる容疑者の供述「消費者金融の返済に使った」についてである。

容疑者がそう供述すればありのまま記事にせざるを得ないのかもしれないし、それが事実だとすればしょうがないと言えばその通りであるのだが、この類の記事は読みようによっては「消費者金融利用者 = 犯罪者予備軍」という読み方が出来なくもないというところが問題だと思うのである。

「消費者金融で借りていたから犯罪者になった」という可能性と「消費者金融で借りていなくても犯罪者になった」という可能性。ふたつの可能性が考えられると思うのだが、どうも前者のようなニュアンスで記事にされていることが多いような気がする。

そうなると、やむを得ず利用して真面目に返済している方まで「消費者金融利用者=犯罪者予備軍」に当てはめられてしまい。特に企業などは、消費者金融で金を借りている人間はいつ不正を働くか分からないから雇いたくない、消費者金融で金を借りている人間は今すぐクビにしたい。などの偏見を抱くようになると思うのである。

1000万人とも2000万人とも言われる消費者金融の利用者であるが、それだけ数がいれば中には犯罪に手を染める不届き者が出てくるのは当然であって、逆に利用していない者の犯罪だって多発しているだろう。消費者金融利用者というだけで偏見の目で見るのは間違いだ。

身の丈以上の金が欲しくてたまらない人間はあらゆる手段で金を手に入れようとするだろうから、金集めの選択肢の中に消費者金融から借りるという手段があるのも当然と言えば当然で、消費者金融から借りたばっかりに犯罪者に成り果てたというよりも、なるべくしてなってしまったという見方が正しいと思う。多分。

私自身が消費者金融に勤めているから気になりすぎているだけのかもしれないが、利用者の名誉のために言っておきたい、「消費者金融利用者 = 犯罪者予備軍」ではない。


応援クリックで頑張ります!→人気blogランキング


スポンサーサイト

過払い請求の顛末

借金完済したのに… 「ブラックリスト登録放置」と提訴(朝日新聞)
消費者金融からの借金を10年以上かけて完済したのに、いわゆる「ブラックリスト」に名前が載ったままのため銀行から新たな融資を受けられない――。製造業の男性がこう訴えて、信用情報を扱う「全国信用情報センター連合会(全情連)」などに慰謝料440万円を求める訴訟を東京地裁に起こした。「センターが不利益な誤情報を放置している」と訴えている。
 ブラックリストは金融機関が共有する信用情報で、貸し出しに問題が生じそうな利用者をリストアップしてある。融資の際にチェックし、利用者に過去の返済などで問題があったかどうか判断する仕組みだ。全情連によると、利用者が法定利息を超えて支払った過払い金の返還を求める手続きに入った場合「契約見直し」や「債務整理」といった情報が登録されるという。
 訴状によると、男性は消費者金融会社2社から24万円を借り、今年4月までに利息を含めて全額を返済した。その途中で過払い分を金融機関から取り戻すことを弁護士に委任したところ、2社はその直後に相次いで「債務整理」とする情報を全情連に登録。完済後も情報は訂正されず、銀行に新規融資を申し込んだら拒否されたという。
 男性側は「本来『完済』と登録すべきで、貸金業者は何ら調査もせずに誤情報を報告した。信用情報機関も訂正に応じないのはおかしい」と訴えている。
 男性の代理人弁護士は「情報が登録されると、金融機関は問題があるとみて融資に慎重になる」という業界の事情を指摘。「過払い金の返還手続きをするとブラックリストに載る、と思わせて手続きをあきらめさせる業界の手法だ」と話した。一方、全情連はその意図を否定し、「貸す貸さないは業者の判断だ」と反論している。



どこまでも身勝手な主張である。何もかも自分の思い通りになると思ったら大間違いだ。まあ、弁護士にいいように利用されているとしか思えないが、借り入れを断られた怒りの矛先を全情連に向けるなど大間違いにも程がある。

そもそも、過払金返還請求を行ったら、将来借り入れが困難になるであろうということは、弁護士自身簡単に予測が付いただろうし、それを知りながらろくに説明もせず受任し、過払金請求を進めていることのほうに問題があるのではないか?訴えられるべきは弁護士だ!

また、情報が債務整理になっていようがいまいが、借りれないものは借りれないのである。審査に通らなかった腹いせを全情連に向けてどうするのだと言いたい。全情連は事実を事実として登録し管理するだけの機関に過ぎない、その情報をどのように見るかは業者の判断だ、過払請求の事実があるにもかかわらず、その事実を登録しないことのほうが余程問題である。事実が登録されていない情報などなんの役にも立たない。

>「過払い金の返還手続きをするとブラックリストに載る、と思わせて手続きをあきらめさせる業界の手法だ」
そのような手法はこの業界には無い、何を言っているのだろうかこの無能弁護士は。思わせるでもなんでもなく単なる事実としてそうなるだけの話だ。過払請求が正当な権利だと思うのであれば「業界の手法」などとわけのわからない寝言をほざくのではなく、堂々と過払請求の権利を主張していればいいじゃないか。

貸しすぎだ!過剰貸付だ!と騒ぎ立て、貸さなかったら訴えをおこし。サラ金は事実を説明しろ!などと言いながら、事実を説明すれば「業界の手法」など馬鹿げた反論を述べる。もう脳みそがどうにかしているとしか思えない。全情連はこのような理不尽な要求に対応する必要は無い、断固として戦ってほしい。

何度も言うが、本来訴えられるべきなのは、将来のリスクをまったく説明をしないクレサラ弁護士。また、将来借りれなくなることを知りながら、「過払請求は正当な権利ですから大丈夫」などと自らの妄想をあたかも現実のように依頼者に説明するクレサラ弁護士にあるのだ。

それにしても、「欧米か!」とつっこみを入れたくなるようなめちゃくちゃな訴えだ、これからこのような傾向がますます酷くなっていくのだろうか・・・日本が日本じゃなくなる日も近い。


応援クリックで頑張ります!→人気blogランキング



狂気の集会

多重債務者に救済の手 東京 全国キャラバン報告会(しんぶん赤旗)
相談もできずにひとりで悩んでいる多重債務者を掘り起こし、救済の手をさしのべる「債務相談全国キャラバン」の集結報告会が十三日、東京都新宿区の司法書士会館で開かれました。弁護士や被害者団体でつくる「高金利引き下げ全国連絡会」など五団体が共催や後援しました。
報告会の冒頭、関東地方に住む被害者男性が「借りたことを忘れるために、ギャンブルにのめり込むようになった」と正常に思考できなくなった体験を証言。「死にたいと考えたこともあったが、戻れるところで止めていただいた」と、被害者の会に感謝の意を表しました。
また、宇都宮健児弁護士が、国、日弁連などが共同して取り組んでいる「多重債務問題改善プログラム」の進ちょく状況を報告。(記事より抜粋)


>「借りたことを忘れるために、ギャンブルにのめり込むようになった」
>「借りたことを忘れるために、ギャンブルにのめり込むようになった」


人は誰しも自分の過ちを認めたがらないものです、理由を考え、口実を探し、
過ちへ至った行動を正当化したがるものです。
理由付け、正当化、それはたびたび「言い訳」と呼ばれます。

私の感覚からすれば、この関東に住む男性の発言は見苦しい言い訳にしか聞こえません、
しかし彼らはそうは思っていないのでしょうね、ここが怖いところです。

報告会の冒頭からこんなトンデモ発言をされて、誰一人として突っ込みを入れないという会場には、ただならぬ空気が漂っていたに違いありません。
また、公衆の面前でこの発言を恥ずかしげもなく言ってのけるこの男性の神経は、もはやあっぱれという言葉しか思い浮かびません。そして堂々と記事にする赤旗も然り。

>正常に思考できなくなった体験を証言

確かに正常な思考回路を持っている人間の発言とは思えませんね、しかし赤旗のこの解説は、「消費者金融による高金利のせいで正常に思考できなくなった」、というニュアンスでの解説なので始末に終えません。自身のギャンブル狂まで消費者金融のせいしてしまう厚かましさには呆れて何も言えません。

話は飛びますが、クレサラ弁護士・司法書士軍団は日本を破壊しようと企んでいるのではないかとすら考えてしまいます。道徳を破壊し内側からボロボロにしていくことで、最終的には国家を崩壊させるというシナリオでもあるのではないしょうか。(笑)

社会通念に照らしても正当と認められることのない(笑。少なくとも私は認めません)常識はずれの主張がまかり通り、それに賛同する思考回路を持つ人たちが金融庁とつるんで「多重債務者対策プログラム」を策定する。どんなトンデモプログラムが出来上がるのか、ある意味楽しみになってきました。

幼稚な発想ですが、もしドラえもんが実在したら、タイムマシンを使ってこの関東地方に住む男性の、初めての借入から今に至るまでの過程をじっくり見させていただきたいものです。ギャンブルにのめりこんだのは消費者金融のせいなのか、自己管理の問題なのか、はっきりさせたいところです。


応援クリックで頑張ります!→人気blogランキング


多重債務者大掃除

消費者金融の過払い金返還、全国1650人が一斉提訴(朝日新聞)
利息制限法の上限を超える利息を払わされたとして、全国23都府県の1657人が13日、消費者金融127社に「過払い」分の約24億円の返還を求めて全国の地裁・簡裁に一斉に提訴した。


毎年恒例の行事と化している一斉提訴、今年の過払い今年のうちにと言ったところか。
大手は各社合わせて1兆を超える引当金を計上しているから、想定の範囲内という感じなのかもしれないが、124社といえば中小零細もかなり含まれているだろうし、訴状が束になって届く中小零細の貸金業者はたまらない。

一生懸命働いて努力してやっとあげた利益を、モラル崩壊の多重債務者及びクレサラ弁護士等に吸い上げられ、昇給はSTOPならまだしも最悪減給、挙句の果てにはリストラで家族もろとも路頭に迷わされる羽目に・・・本当にとんでもない判例を出してくれたものだ。

そんな状況で物価は上がり、ガソリンも値上げ、消費税まで引き上げじゃ、たまりませんな。

そーいえばこの過払金24億のうち、どの程度がクレサラ弁護士・司法書士の手に渡るんだろ。
多大なる犠牲の元に吐き出される過払金。それで飯が食えているクレサラ弁護士・司法書士、そこで働く従業員及びその家族は、とりあえず消費者金融に感謝の気持ちを持ってほしいものだ。
ハハ、んなわけないか。


応援クリックで頑張ります!→人気blogランキング


過払いに群がる裏社会

消費者金融過払い金 「返還請求マニュアル」に注意(河北新聞)
消費者金融などの利用経験者に「上限金利を超えて支払った過払い金を取り戻せる」との誘い文句で、返還請求マニュアルの購入などを勧誘する電話が全国で相次いでいる。東北でも山形、宮城両県で計8件が確認されており、相談を受けた消費生活センターなどは「新たな悪徳商法の可能性もある。勧誘には応じないでほしい」と注意を呼び掛けている。

山形県消費生活センターには今年6月、2件の相談が寄せられた。いずれも「過払い金の返還請求マニュアルを5万円で購入しませんか」と電話で誘われたとの内容。1人は申込用紙を請求しただけで、料金代引きの宅配便でマニュアルが送り付けられてきた。
仙台市消費生活センターでも6月以降、6件の相談があった。「過払い金を取り戻せる」と持ち掛けられ、コンサルタント料などを求められた人もいるという。


多重債務者から金を搾り上げるべく、次から次に新手の商法が出ているようですね。このマニュアルが役に立つものなのか、まったく役立たずの紙切れなのか見ていないので分かりません。
非常に不謹慎な発言ですが、もしこのマニュアルを見て「過払請求が成功した!」という人が実在すれば5万円は安いかもしれませんね。成功すればの話です。

しかし役立つマニュアルにしても、多分ネットで収集可能な情報をまとめただけの物だと考えられるので、まとめサイトでも見て地道に勉強したほうがいいでしょうし。金を捨てるだけのまったく役に立たない情報の可能性も高いです。

これからも時代に適応したさまざまな怪しい商法が出現し続けるでしょうから、石橋は叩いて渡れということで、何事にも確認は怠らないように行動したいものです。

騙された!と大騒ぎしても、警察に被害届出してもお金は戻ってきません。


応援クリックで頑張ります!→人気blogランキング



20代消費者金融現役社員

十人十色

20代消費者金融現役社員
(配偶者有り・子有り)
コメント頂けると嬉しいです。
お気軽にどうぞ。

毎日チェックしてるサイト
社員の堅実なFX

FXはじめるならここ
FXONLINEJAPAN


驚愕のレバレッジ400倍
FXを始めるなら【ヒロセ】


手数料無料!スプレッド1銭〜
業界際注目のFX⇒「みんなのFX」

カテゴリ紹介
社員のキャッシング情報

特にオススメの「おまとめ・1本化」「借り換え」先を紹介しています。
しんわ
シンキ
モビット
アットローン
DCキャッシュワン
おまとめ・借り換え11社を比較
困ってる人向け10社を比較

欲しい情報はココにある!

裏話・ホンネ満載のブログ探しに↓ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

社員のお気に入りリンク
社員必読!オススメの本
お役立ちリンク
最近のコメント
最近のトラックバック
キーワードで記事を探す

最近の記事
月別アーカイブ
アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。