社員の異常な憂鬱

? 名も知れぬ消費者金融社員の考えること ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな取り立ては嫌だ

法律ではないのですが、12月に設立される日本貸金業協会の自主規制によると、
次のような時期に取り立て行為を行わないように規制が設けられました。
(ここでいう取り立て行為とは電話や訪問のことを指しています。)

・親族の冠婚葬祭時 ・年末年始(12月31日?1月3日)
・債務者等の入院時 ・罹災時


支払っていないから取り立てされるとはいえ、常識の範囲で考えると
上に書いてある時期に取り立てされると嫌ですね。

親族の冠婚葬祭については、本来親族とは血縁関係を指すのですが親族以外の
知人や会社の関係など、そういった方の冠婚葬祭時も避けたほうが無難かもしれません。
年末年始は連絡が取れる可能性が非常に高いので、その時期を狙って取立していた
業者もあるかもしれませんが、今年の年末からは禁止です。
年末年始はお互いにゆっくり休むという事で。

入院先の病院まで訪問したり電話する行為も禁止。退院時期を把握するためにも
入院が判明した際、退院の予定時期を確認しておくべきでしょう。
債務者等の「等」がどこまで拡大解釈されるのかが不安ですが・・
罹災とは火事・水害・地震などの災害にあうことなのですが、
そういった時に請求しても反感を買うだけなのでやめたほうがいいでしょうね。

私の勤める会社はこれまでも、上にあるような時期には取り立てしていませんでしたので
特に影響はありませんが、上にあるような時期に取り立てする業者が多く、
苦情が頻発したという事で規則として定められたのでしょうか。
長い目で見れば、そのような時期に取り立てして回収できたとしても、
お客様の感情にしこりが残ってしまい、将来どんな事を言われるか分かりませんので、
別の時期に解決するよう努力するかないのでしょうね。

この規制を逆手にとって、悪用する方が出現しないことを祈るばかりです。

もっと詳しく知りたい方はこちら(貸金業協会協議会)

情報探しはココがオススメ →人気blogランキング

ランキングに参加しています、応援クリックお願いします
  ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

総量規制の例外 ?金利戦争勃発か?(2)

先ほど、有利な借り換えについての説明をしましたが
これは「消費者金融金利戦争勃発」の可能性をはらんでいると思います。
既に始まっている感もありますが、ますます過熱するのではないでしょうか。

多くの残高を積み上げ、確保することで大きな収益を上げる消費者金融、
他社で借り換えされてしまえば残高は減少の一途をたどります。

借り換えを防ぐためには、他社よりも
有利な条件に契約を切り替える必要があります。

逆に言えば借り換えで残高を積むために
他社よりも有利な条件を提示する必要があります。


そうして金利戦争、すなわち顧客の奪い合いが勃発するのです。

うかうかしていれば、年収3分の1を超えた多重債務者であろうが誰であろうが
「例外」の名の下に借り換えされてしまい、残高はなくなってしまいます。
しかし有利な条件にも限界があるでしょう。

限界の条件で借り換えさせれば後はひとまず安心。
あとは総量規制が顧客を守ってくれます、多重債務者への融資はもう出来ません。
正規の業者では貸付出来ないので、それ以上の多重債務者になることが出来ないのです。
無計画な借り入れを繰返し、貸倒になる可能性は減少するでしょう。
(金銭管理教育を行い、顧客に計画的な生活していただく必要はありますが・・・)

それ以上の有利な条件を提示できない業者は、
何もすることが出来ず衰退していくしかありません。


僕の勤める会社は後者になる可能性が非常に高いです(泣笑・・)

最終的には、豊富な資金力を持つ大手や銀行がシェアを完全に独占し
僕の勤める会社のような中堅・零細は完全に淘汰されると思います。


「年収の3分の1」という総量規制がある限り、今の所それしか考えられません。
極端な話、消費者金融は、自動車市場や携帯市場のような
数社で市場を独占するという業界に生まれ変わるのだと思います、
国もそれを望んでいるのでしょう。

しかし、そうなると需要と供給のバランスは保たれるのかという疑問は残ります・・・

なんだか絶望的な意見ですが、僕にも生活があるので現状を直視した上で
打開策を見出していきたいと思います。

情報探しはココがオススメ →人気blogランキング

ランキングに参加しています、応援クリックお願いします
  ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

日本貸金業協会参上

平成19年12月、日本貸金業協会が発足する。
自主規制を制定し、違反には制裁措置。
コンセプトは「これからは言われる前にやる」といったところか(子供みたい)

その設立自体監督局からやらされてる感がありありだが
個人的には賛成派、生まれ変わった協会の元で信頼される業界へ(子供の夢みたい)

でも自主規制の内容は自分の生活に支障をきたすほどの破壊力。
つまり経営が成り立たなくなる可能性 = つまり俺無職になる可能性(笑)

「既存の業者の設定と合わせた総返済額が月収の3分の1を超える場合には貸付禁止」
業者にとってもお客さんにとっても、この規制は強烈。

客観的な返済能力からいえば当然と言えば当然なのだが
これまでそのような規則に縛られた事のない業界はビックリ仰天。
そのような事になるとは知らないお客さんもビックリ仰天するだろう。

いったいどうなってしまうというのか!(ガチンコ風、古い・・)

法の抜け穴を探りながら、コソコソやっていくより
法を超えた自主規制を策定し、遵守していく業界のほうが美しい。
月収の3分の1を超える返済なんて無いほうが美しい。

でも美しくなるには犠牲が必要、簡単には美しくなれない。
これから業者・利用者双方にとって不幸な出来事が頻発するだろう。
それが目に見えなくなったころには美しくなっているのか。


僕はそのころ何をしているのだろうか。

ランキングに参加しています、クリックお願いします
  ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ:日記 - ジャンル:日記


20代消費者金融現役社員

十人十色

20代消費者金融現役社員
(配偶者有り・子有り)
コメント頂けると嬉しいです。
お気軽にどうぞ。

毎日チェックしてるサイト
社員の堅実なFX

FXはじめるならここ
FXONLINEJAPAN


驚愕のレバレッジ400倍
FXを始めるなら【ヒロセ】


手数料無料!スプレッド1銭〜
業界際注目のFX⇒「みんなのFX」

カテゴリ紹介
社員のキャッシング情報

特にオススメの「おまとめ・1本化」「借り換え」先を紹介しています。
しんわ
シンキ
モビット
アットローン
DCキャッシュワン
おまとめ・借り換え11社を比較
困ってる人向け10社を比較

欲しい情報はココにある!

裏話・ホンネ満載のブログ探しに↓ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

社員のお気に入りリンク
社員必読!オススメの本
お役立ちリンク
最近のコメント
最近のトラックバック
キーワードで記事を探す

最近の記事
月別アーカイブ
アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。