FC2ブログ

社員の異常な憂鬱

? 名も知れぬ消費者金融社員の考えること ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過払金を横取りされる?!

ある日の申し込みの話。

客「もしもし、以前そちらで借りていた○○ですけど。また借りれますか?」
店「少々お待ち下さい。」カチャカチャ・・(PCで調べる。)
店「!!!・・・○○様には代理人の弁護士に先月過払金を支払っておりますが・・」
客「なんですかそれ、わたし聞いてませんよ」
店「そんな・・・」

先月確かに過払金を支払っている、しかしこの方はそんなことは何も聞いていないと言う。
この方に代理人弁護士が介入したのはもう何年も前、ずいぶん前にその後どうなったのか弁護士に問い合わせたところ、事務員は「もう全て解決したので、何も心配ない」というようなことを言っていたらしい。解決したと聞いたから再度利用出来るかもしれないと思って申し込みをしたと言われる。(常識的に考えて無理だが・・・)

これは怪しいと感じた私は、お客さんにこうお願いした。
「弁護士事務所にもう一度当社の件がどうなっているのか聞いてもらえないか?」
その方は何がなんだか分からないという感じだが電話してみるという、10分程してその方から連絡が入った。「やっぱり同じだった。解決してると言われて、もう払わなくていいし、貰うお金もないとのことだった。」らしい・・・

弁護士が依頼者に嘘を付いているのか。お客さんが当社に嘘を付いているのか、真意の程は不明だが、とりあえずそのお客さんには過払金をあなたの代理人である弁護士に振り込んでいるのでそのことを確認したほうがいいということ、当社では融資できないということを説明し電話を終わらせた。

もし仮に弁護士が依頼者の知らないところで、依頼者が受け取るべき過払金をこっそり頂戴しているとすれば大問題だと思うが、依頼者が弁護士費用などを支払っていなければ弁護士は何とでも言い訳できるだろうからその後は何も追及しなかった。

それにしても債務者は弁護士などに依頼したその後の自分の債務に興味は無いのだろうか。困ったから助けてくださいと弁護士に泣き付いて、受任され請求が止まったのをいいことにその後はほったらかしの無関心、そんな人もいる。

「弁護士がどうにかしてるだろう」「請求が無いからもういいや」「連絡がないから分からない」などなど。挙句の果てには助けてくれた(?)弁護士とも音信不通になり一方的に辞任される債務者も出る始末。どうしようもない。

そんなことだから、自分の過払金がどの様に処理されようが分かりようがない。
債務整理を依頼しようが何をしようが、自分の借金であることに変わりは無い。
最後まで責任を持ってほしいものだ。


応援クリックで頑張ります!→人気blogランキング


スポンサーサイト

体に流れる借金の血


「借金癖の遺伝」「借金の家系」という言葉を聞いた事があるだろうか。
後先考えず滅茶苦茶に借金しまくって、自ら率先して(いるとしか思えない)
人生を破綻させてしまうような特殊な人がいる。
そんな家庭に生まれた子供が、何故か同じような借金まみれの破滅人生を歩んでしまうという恐ろしい話。

勘違いされては困るので、前もって念を押しておくが全員ではない。
しかし極々一部にそういった呪われているとしか思えないような、借金家系が存在するのは確かだ。

「呪われている」という言葉を使ったが実際の原因は違うだろう。当然か。
「借金壁の遺伝」「借金の家系」とは、呪いなどの得体の知れないオカルトの類ではない。

「消費者金融から借金」という行為に警戒心を覚える人は多いと思う。
大半の人がそう感じるのではないだろうか。勤めている私が言うのもなんだが、
そういった意識は非常に健全であると思う。借金はむやみにするものではない。

しかし、世の中には「消費者金融から借金」という行為に何の抵抗を持つことも無く、
すんなり生活に受け入れてしまうような人も存在する。
どこでそのような違いが生じるのか考えてみると、これは一概には言えないけど、
その人が育った家庭や環境による影響が大きいのではないかと思うのである。

今更だが亀田ファミリーを引き合いに出させてもらうと、亀田家の子供達は敬語が使えないとされている(先の会見ではちょっぴり使っていたようだが)。なぜそんなことになってしまったのかと言えば思い当たるのが、あの親父さんの言葉遣いという事になる。
親が敬語を使っていないから子供も使わない、これは「タメ口の遺伝」とも言えるだろう。

まあ、それと同じような感覚で「借金癖の遺伝」も存在すると思う。親が普通に思っていることは子供にとっても普通。親が安易な借金をしていたから子供も大人になって安易な借金をする。(全てケースに当てはまるわけではありません)
「タメ口の遺伝」があるなら「借金癖の遺伝」もあっておかしくは無いだろう。

窓口に子供さんを連れてくる方がいる。それをどうこう言うつもりは無いが、その子供には変な免疫が出来てしまうのではないかとこっちが心配になる。
子供にいろんな経験をさせることには反対しないが、「親が借金をする姿」「親がサラ金のATMから金を引き出す姿」を見るという経験は子供にとって刺激が強すぎるのではないかと思う。引き出した金を持ってパチンコ屋にでも直行すれば最悪だ。

そんな姿を見るたびに、「借金の血」という言葉を思い出す。

大人になって起きる様々な出来事への対処方法や行動基準を「親の行動」に置いている人は少なくないと思う、親はそうしていたからこうするとかいう感じで。
それが正しいものであればいいだろうけど、間違った基準を、「親がそうしていたから」という理由のもとに行ってしまえば、亀田兄弟のようにえらい目に遭ってしまうのではないだろうか。

「親も子供の借金まみれ」の原因がそこなのかどうなのか、私は実際の所分からないが、
そんな気がする消費者金融に勤める社員さんは多いのではないだろうか。



「借金の血」を始めて知った方はクリック!→債務・借金ランキング

金が人を変える

「金が人を変えた」と言うと、ドラマなどにある、貧乏時代はやさしかった人が成功し大金持ちになり冷酷な人に変わってしまう、というような設定を思い浮かべがちだが、私の場合はその逆バージョンで、貧乏になりすぎて人格が変わってしまうという現実を思い浮かべてしまう。

世間では「貸すときはニコニコ親切、回収する時はヤクザまがい」とはサラ金の代名詞?であるが、消費者金融社員の視点で言わせて頂くと、お客様も同じくという事になる。

お金を借りる時は対応も「ハイッ!ハイッ!」などとやけに礼儀正しいような方も、支払いが滞り督促してみると「なんだコラ!」のような対応や、ヒステリックに怒鳴りちらすなどの対応を取られ失望してしまうことも珍しくない。

こういった借りる時の態度と、返す時の態度が明らかに違う人物の場合、ふた通りのケースが考えられる。ひとつは元々そのような人間だったのだが借りる時は猫を被っていたというケース。もうひとつは元々礼儀正しくいい方でも返済の過程の中で人間性が変わってしまったというケースだ。

今回は後者の、もともとの人間性は別に悪い人ではなかったのだが、金が無さすぎて人が変わったようになってしまった人について考えることにする。

人間金に困ると精神的にも余裕が無くなり、これまでは考えていたかもしれない「相手の立場」や「相手の気持ち」、なども考える余裕が無くなり、さらには冷静な判断能力すら失ってしまい、卑屈になるというか、なりふり構わないというか、エゴが前面に出がちになるようだ。よくある借金がらみの犯罪などがそれの最終形態に当たるのではないかと思うのである。

心に余裕が無くなることで、以前であれば心では思っていても言葉にこそしなかった汚い言葉遣いや振る舞いも、現実に言ってみたりやってみたりということになり、一度そのエゴ全開の快感を味わってしまうと、歯止めが利かなくなり徐々にエスカレートして、最終的には「人間が変わった」と言われるようになるのではないだろうか。
まあそれが本性だったのかもしれないが、その本性を現すきっかけになったのが「金が無い」という出来事であったとすればそれは防ぎようもあるわけで、なんだか悲しい話である。

消費者金融の社員に悪態付く程度の変わりようであれば、それは甘んじてお受けするが、(私は)それが家族や知人、職場の方々にも白い目で見られてしまうような変わりっぷりであれば大問題という事になるので、「お金の余裕は心の余裕」(勝手に作りました。)ということで、くれぐれも金銭管理には気をつけて頂きたいものである。


お金って怖いと思ったらクリック!→借金ランキング

内緒で借金する理由


離婚理由でよく見る借金問題、内緒の借金がバレて離婚。
なぜ内緒で借金するのか、原因は様々ですがその一部をご紹介します。

お客様の調子が悪そうなときには、状況を把握するために、
プライバシーにかなり踏み込んだ話をすることがあります。
そういった時に、ポロッと本音をもらしてくれることがあります。

これはほんの一例ですが、例えばこのような女性がいます。

夫の稼ぎが悪い、夫が家に金を入れない、夫がギャンブル狂などの理由でも
子供たちを育てるため必死にやりくりして、夫に内緒で借金してしまう奥さん方。


お金が足りなくても誰にも相談せず、一人で解決しようとやりくりしていると
消費者金融に行き着くのでしょうか。

いい話はできても、悪い話は特にお金の話しは切り出しにくいものです。
ウチも金の話になると一触即発のムードが漂うときがあります(笑)

喧嘩したくないから、夫からやりくり下手だと攻められるのが嫌だから、
夫にも相談できず内緒で借金する、そんな人もいます。


またそれとは逆のパターンも、
奥さんから貰うお小遣いが少なすぎる男性の内緒の借金。

仕事の付き合いや、息抜きで飲み会するにもやはりお金が必要です。
部下からの誘いでもあれば「たまには奢りで」なんてこともしばしば。
お誘いの全てを断るわけにも行きません。

そんなときお金がないから妻に内緒で借金してしまう、見栄と意地ですね。
小遣いを上げてくれと切願しても、奥さんが却下しているのでしょうか。
それとも言い出すことさえ出来ない空気が漂っているのでしょうか。

妻は新築購入や海外旅行の目標へ向けてまっしぐら、削れる出費は夫の小遣いだ!と
夫をこれでもかと締め上げる、たまりかねた夫は妻の知らないところで
借金道をまっしぐら。何事もやりすぎはよくないみたいです。


離婚問題になれば借金を持っている側が不利になるようですが、
上のようなケースでは、夫婦のどちらに責任があると決めることは難しいですよね。

常日頃からお金の話も気軽に出来る関係を作ることが、夫婦円満や
内緒の借金を予防する秘訣なのかもしれませんね。

えらそーに夫婦を語りましたが、「てめえのヨメさんの心配してろ!」
という声が聞こえそうなのでもう止めます(笑)

ギャンブルや浪費で内緒の借金を繰り返す人も・・もちろんいます。
その話しはまた今度。


内緒話し満載 → 人気blogランキング


テーマ:日記 - ジャンル:日記

借金倍増に注意せよ!

おまとめローンの落とし穴、それは勘違いによる油断です。

おまとめが成功すれば、ほぼ確実に返済額が減少し生活に余裕が出ます。
そこで気を付けなければいけないのが、勘違いしない事です。

例えば、おまとめ前は毎月10万円の支払いをしていたAさんがいます。
Aさんはおまとめが成功し、10万円だった支払いが5万円になりました。
以前に比べ5万円分生活に余裕が出たAさんは、10万円の支払いをしていた頃に比べ
金遣いが多少荒くなってしまい、最後にはこう考えました。

「この前まで10万円も払ってたんだから、またお金を借りて支払額が6万円になっても

前に比べれば全然楽だし、借りても大丈夫かな。」


Aさんは早速電話を取り、おまとめで完済した消費者金融に、
再融資の申し込みを行い、また借りてしまいました。

この話は私が仕事の中で実際に多く見てきたケースです。
おまとめ後に一度借りてしまうと、その後は何かが吹っ切れたように
一気に借りまくる、という方も少なくありません。

業者から見ても、おまとめ前に比べ返済能力が向上しているので
融資がしやすくなります。(今後は総量規制の件があるのでどうなるか分かりません)

おまとめ当時は200万だった借金が、おまとめ後に借りまくり
400万に倍増してしまう、そういうケースも山のように見てきました。

おまとめという便利な借り換えは、何度も通用しません。
一度成功したら、2度と成功する事はないと思ったほうがいいでしょう。


余裕が出てあまったお金は、少しでも多く返済にあてたり、
今後の出費(事故・病気・車検・自動車税など)に備えてしっかり貯蓄する。

そう心に決めて、地道に返済していけば必ず借金はゼロ円なります。


為になる情報はココ →blogランキング借金編


テーマ:節約 - ジャンル:ライフ


20代消費者金融現役社員

十人十色

20代消費者金融現役社員
(配偶者有り・子有り)
コメント頂けると嬉しいです。
お気軽にどうぞ。

毎日チェックしてるサイト
社員の堅実なFX

FXはじめるならここ
FXONLINEJAPAN


驚愕のレバレッジ400倍
FXを始めるなら【ヒロセ】


手数料無料!スプレッド1銭〜
業界際注目のFX⇒「みんなのFX」

カテゴリ紹介
社員のキャッシング情報

特にオススメの「おまとめ・1本化」「借り換え」先を紹介しています。
しんわ
シンキ
モビット
アットローン
DCキャッシュワン
おまとめ・借り換え11社を比較
困ってる人向け10社を比較

欲しい情報はココにある!

裏話・ホンネ満載のブログ探しに↓ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

社員のお気に入りリンク
社員必読!オススメの本
お役立ちリンク
最近のコメント
最近のトラックバック
キーワードで記事を探す

最近の記事
月別アーカイブ
アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。